アウトドア好き注目!
キャンプ・アウトドアライフ タイトル

原始的なキャンプ

人里離れた場所を旅行する際に夜間休息(野宿)の手段として行われた。
付近の木々で火を起こし、調理や暖をとり、時にはクマやオオカミなど野生の動物を遠ざけるなどした。雨露をしのぐ目的で天幕を張ることもあれば、その場で得られる材料で屋根を作ったり岩壁の張り出しなど天然の屋根を利用することもある。
もちろん何らの屋根もなく夜を過ごす場合でもキャンプと言う。

目的としてのキャンプ

自然の中でゆったりとした時間を過ごすこと自体が目的であるが、決まった形式はなく、その楽しみ方は人それぞれである。

たき火を起こしてバーベキューや燻製などの料理を作ったり、森林浴や天体観測をしたりする。ただキャンプ場での過ごし方は様々であるが、徹夜での宴会・カラオケやロケット花火をする人達と、静かにすごしたい人達の間でトラブルが起きることもある。

近年はキャンプ場として整備された場所が増えており、キャンプと言えば営利施設としてのキャンプ場でのキャンプを指すことが多くなった。
整備されたキャンプ場は水道やトイレ、商用電源などが用意され、場所によっては調理器具やテントなどの貸し出しも行っており、初心者や女性でも抵抗なく利用できるようになっている。
車で10分程度の近隣にコンビニエンスストアやスーパーがあることも多い。

ただ、整備されたキャンプ場では、快適な施設がありすぎること、テント同士が隣接していること、直火やキャンプファイヤーなどが禁止されていることなどから、純粋な野外活動としての魅力は半減すると言う人達もいる。

現在のキャンプは、野外の活動を行いたいが便利・快適さも追求するということで、設備を完備したキャンプ場で行うケースと、多少不便でも大自然にどっぷり浸かり世俗から遮断した環境で行うケースに二極化されている。

キャンプの種類

キャンプは、楽しむ人により千差万別であり、種類の定義があるわけではないが、一般的に言われている内容のものを列挙する。


オートキャンプ

オートキャンプ

狭義では車がキャンプサイトの中まで乗り入れ、車のすぐ横にテントやタープなどを張るキャンプ。オートキャンプ場はテントサイトひとつひとつに駐車スペースがついて1区画になっている。あるいは、車自体で寝泊まりする、いわゆるキャンピングカー・キャンピングトレーラーによるキャンプ。日本では1990年代に大ブームになり、家族一緒のキャンプ(いわゆるファミリーキャンプ)が人気になった。
広義では交通手段として車を使うだけのキャンプも指す。
デイキャンプ
宿泊を伴わない日帰りのキャンプ。テントを張らない場合でもキャンプと言う。河原で行うバーベキューや花見などのアウトドア活動もキャンプと呼ばれることがある。
ツーリングキャンプ
キャンプツーリングともいう。オートバイもしくはサイクリング仕様の自転車でツーリング先でキャンプを行うこと。またはキャンプを目的の一つとしたツーリング。積載量が限られるため、小型のテントやタープが使われる。

キャンプ場の種類

オートキャンプ場

自動車をテントサイトまで乗り入れることができる。
一般のキャンプ場
オートキャンプ場以外は一般に、自動車の乗り入れはできない。バイクや自転車は乗り入れができる場合もあるが、キャンプ場によって規則は異なる。

手段としてのキャンプ

登山やツーリングなどの活動を行うための手段としてキャンプする。素早く設営・撤収が出来ることが重視され、キャンプ自体は目的でないため持ち込む道具などはかなり制限されることから、現代社会の生活と比べれば決して快適とは言いがたい。もっとも、その不自由さこそキャンプ本来の楽しみであるとする考えもある。

同じ場所でキャンプをする人がいない、または同じ目的の人間ばかりなので活動時間などのトラブルは起きにくい。その反面管理する人間がいないため、ゴミの不法投棄やたき火の後始末、騒音問題、キャンプ自体が禁止されている場所を使用するなど、自然環境や周辺住民の迷惑となるような行動をする人間もいるのも事実である。

主なキャンプ用具

テント、タープ
毛布、寝袋(シュラフザック)
ランタン、懐中電灯(ヘッドランプ、携行型蛍光灯)
飯盒(はんごう)、コッヘル(コッフェル)、クーラーボックス
コンロ、キャンピングストーブ、ツーバーナー(火口が二つある可搬式の大型コンロ)、古新聞
ナイフ、スコップ、ロープ
ラジオ

有名なキャンピング用品メーカー
コールマン(Coleman)
montbell(モンベル)
スノーピーク(Snow*Peak)
UNIFLAME(ユニフレーム)
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)
ダンロップ
イワタニ・プリムス
MSR

 

アウトドアについて

アウトドア(outdoor)とは、アウトドア・アクティビティ(en:Outdoor activity)のことで、屋外で行うスポーツやレジャーの総称。日本では一般に「アクティビティ」が省略されて、アウトドアという一語で使用される。

野外活動ともいわれ、この表現では野外体験活動、野外教育活動、野外学習活動などの教育目的の活動がニュアンスに含まれる。

アウトドア・アクティビティにはアウトドアスポーツやアウトドアライフなどが含まれる。アウトドアライフの主なレジャーには、釣り、ピクニック、キャンプ、山菜取り、ハイキング、トレールラン、登山、トレッキングなどがあげられる。なお、自然に積極的に親しむというスタンスから、野鳥観察(バードウォッチング)、植物観察などといった自然観察や、天体観望、森林浴などが含まれる場合も多い。

対義語はインドア(アクティビティ)。

マーケティング用語としては、多くは、都市生活者に対しての購買意欲増進を目的として、海岸や山間部など、(都市生活者の)普段の生活からかけ離れた場所で行うスポーツやレジャーに対してその商品価値差別化のために用いられる。

Wikipediaより一部参照)

おすすめWEBサイト 5選

出張パーソナルトレーニングを東京で見つけてみませんか。

2017/9/8 更新

『キャンプ』 最新ツイート

@shu439anima

【ジビエオフ会in東海】 10/27-28 名古屋駅集合 送迎あり(予定) リアル機工士の獲ったお肉をアメリカンBBQで食す1泊2日の会! 極BBQ討滅に、薪割りかまどや燻製機作りなどみんなでキャンプを作りましょう。 飛び入り… https://t.co/kp1U21F19g

41秒前 - 2018年10月16日


@femmy_saito

@yomi606 大団円ですねwww幸せwww みんななかよぴ最高じゃないですか…! 知りたいです、とっても! 私の中ではしなやか〜〜なイメージなんですけど… 毛足は短めで… はい! とってもすてきなことです! お金使わなきゃ(白… https://t.co/AXUk87GvC7

51秒前 - 2018年10月16日


@NmDZb4NHEuyC8r6

そしてね、最後のキャンプでのシーンですよ、 「Yngが」って口火をきったのは紛れもなくjnでした私泣きました jnさんは「さみしい」って顔に書いてありました紛れもなく(紛れもなく)

59秒前 - 2018年10月16日


キャンプ・アウトドア 守ろうゴミのマナー
Copyright (c) Suvival Life All Right Reserved